日本の象徴富士山の美しさ | 山梨で美味しいものを食べて、身も心も満足させよう!
menu

日本の象徴富士山の美しさ

甲府の観光地

山梨に訪れた観光客の多くは一緒に富士山の観光までしていく人が多いでしょう。
世界遺産にも登録され、世界的にも注目されている富士山ではありますが、何がどのように人気で世界から認められたのか。
それは富士山の特徴が他にないものだったからです。
この富士山は高さだけ見ると、世界一高いエベレストなどに比べると全然大きくありません。重要なのは、その形状です。
一般的な山というのは、いくつもの山が連なり山脈としてそびえ立っています。エベレストも同じです。しかし、富士山は知っての通り一つの山が独立して生えているような形状になっています。このような形の山は世界的にも珍しく、何とも言えない美しさを感じることができるのです。
そんな富士山は白い山というイメージが強いかもしれませんが、実は2つの顔を持っています。一般的に思い浮かびやすい富士山は山頂付近に雪が積もった「白富士」といわれていますが、真夏の一番熱い時期にすべての雪が溶けてなくなると土で覆われた表面が表れます。
この茶色い富士山に朝日の光があたると、土が真っ赤に光って見えるのです。このことから「赤富士」と呼ばれている姿です。
この赤い富士山もいつもとはまるで違う、独特の雰囲気を持っており観光客を満足させてくれるでしょう。
ちなみに富士山を登っていくと、食事ができるお店もあります。特別味にこだわっているけではありませんが、地上で食べるものより美味しくかんじるかもしれませんね。